骨盤の歪み対策A

MENU

骨盤の歪み防止方法

日常生活での姿勢が悪いと骨盤は歪んでしまいます。
様々な姿勢が原因で骨盤は歪んでしまいますので、毎日正しい姿勢を保つようにしましょう。

寝るときの姿勢

できるだけ仰向けで寝るようにしましょう。
いつも左右のどちらかに向いて寝てしまうと、骨盤はその方向に傾いて歪んでしまいます。うつ伏せで寝るというのも、前側に圧力がかかっている状態になっているため、歪みの原因となります。
眠ってしまうと寝返りをしてしまうので姿勢が崩れても仕方がないのですが、眠ってしまうまでの間は仰向けの姿勢にするようにしましょう。
骨盤が歪んでいない状態であれば、仰向けの姿勢で寝ることが一番楽な姿勢となっております。

座り方・立ち方

座り方

 

長時間、同じ姿勢でイスに座っていると疲れてきてしまうものです。
疲れるとどうしても姿勢が悪くなってしまい猫背になりがちですが、猫背の状態が続くと骨盤の重心がズレて歪んでしまい、筋力が低下してさらに疲れやすくなります。
疲れてきたら一度背筋を伸ばし、肩を回して筋肉をほぐしてあげましょう。

 

イスに座ったときに足を組む癖のある方は、足を組まないように気をつけましょう。
これもまた、骨盤の重心が傾いて歪んでしまいます。

 

床に座ったときは、横座りをすると骨盤が左右のどちらかに傾き歪みます。
八の字に足を開いて座ると、骨盤が広がってしまいます。
ですので、床に座るときは正座か、膝をくの字に曲げて(たいくつ座り)座るようにしましょう。

 

立ち方

 

左右のどちらかに重心をかけた傾いた立ち方をする癖のある方は、その重心をかけている方に骨盤が歪んでしまいますので気をつけましょう。
ずっと立った状態でいるととても疲れてしまいますが、姿勢が悪くなって骨盤が歪むとさらに疲れやすくなりますので、できるだけ背筋を曲げないような姿勢で重心を傾けないように保つようにしましょう。
疲れたときには、足踏みをしたり少し歩くようにしましょう。

 

骨盤の歪みケアアイテム!

骨盤の歪み対策に便利なアイテムを紹介します。

 

ヴィーナスラボ 〜骨盤美尻maker〜

骨盤の歪みを改善する1分丈のスパッツです。

 

骨盤ベルトが内蔵されているので、骨盤の歪みをしっかりサポートしてくれます。
締め付けすぎない圧を計算して作られているのでキツくなく、24時間はいていていることができます。

 

また、骨盤ベルトの他にヒップアップ構造、下腹部スキリライン構造も内蔵されているため、お尻のたるみや、ポッコリお腹をスッキリと引き締めてくれます。

座るだけ骨盤キュッとクッション

座るだけで骨盤補正ができるクッションです。

 

低反発と高反発、硬貨ウレタンの立体3層構造の働きによって、気になる骨盤の歪みをキュッと引き締めます。
座骨が最も圧迫される部分に、穴を設けてあるので座骨への負担がかからない構造です。座骨を包み込むように支えてくれるため、骨盤や腰への負担をなくし、歪んだ骨盤が引き締められ正しい位置へと導きます。

 

また、7度の傾斜がついているため、自然と背筋が伸び猫背も改善します。

東急オアシス ながらクッション

フィットネスクラブの「東急スポーツオアシス」が開発した、骨盤ケアができるマルチエクササイズクッションです。

 

これ1つで何通りものエクササイズが可能。
ストレッチ、筋トレ、有酸素運動まで、本格トレーニングができます。
体力に合わせて負荷がかかるシステムなので、無理なく体力レベルに合わせて運動することができます。

 

また、座るだけで姿勢改善(歪み解消)、リラックス効果もある優れものです。